フリーランスの働き方を晒すよ【とある在宅アラサーエンジニアの1日】

スポンサーリンク




フリーランスの働き方ってどんな感じ?ということを記載して行きます。

この記事を書いている私は新卒で外資系IT企業で3年SE→フィリピン法人に移り1年ブリッジSE→フリーランスエンジニアなうです。

これからフリーランスを目指そうと思っている方やフリーランスに興味がある方を対象としています。

フリーランスとしてどんな働き方をしてるの?(私の場合)

現在はWEB制作案件をやっていたり、ブログを書いていたりで生活しています。

タイムスケジュール
一日のタイムスケジュールを晒します。

9時:起床

9時半:仕事開始

13時:お昼

14時:仕事

20時:夜ご飯とリラックスタイム

22時:仕事

24時:寝る

割と長時間睡眠を取らないと昼間眠くなってしまう系です。土日と平日の区別なくずっと同じスケジュールという感じです。

・どこでだれと?

基本的には今の拠点はセブ島です。セブは移籍して1年働いていた関係で居心地がいいなぁと思っており、退職後もずっと住んでいます。

年中暖かいのは最高ですね。基本在宅でずっと仕事をしています。

セブのカフェのWi-Fiは使い物にならないという理由と、移動がめんどくさい、疲れた時に5分だけ横になるということができないという理由からです。

セブの家には比較的早めのWi-Fiがあるので、もう外に出られません。

基本的には一人で仕事をしています。

デザインなどを依頼したいなーと思うこともあるのですがコミュニケーションコストを下げるために自分でデザインもやることにしました。

もし何か協業しましょう!という方がいらっしゃれば、お問い合わせからご連絡ください。

スポンサーリンク

フリーランスの働き方として、どうやって仕事を獲得しているの?


日本の制作案件、もしくはセブでも日本人の方から仕事をいただくことが多いです。フィリピン人から仕事をもらったことはないですね。

仕事の獲得元は以下の3つです。

・クラウドワークスなどへの提案

・制作会社への営業

・営業パートナーから案件をもらう

詳細はこちらに書きましたので参考にしてください。

フリーランスエンジニアは営業しないとダメだよねという話【体験談晒す】

とはいえ現状フリーランスエンジニアの働き方としては、常駐型の方が単価が高いですね。

ベンチャー企業などで採用戦略としてリモートワークを許可している企業や、外部パートナーを募集している企業もありますが、

交渉が苦手で作業に集中したいというかたは常駐の案件を探した方が良いかと思います。

フリーランス向け求人サイトおすすめ3選【エンジニア経験から選び方も解説】

スポンサーリンク

フリーランスの働き方と会社員としての働き方で大きく変わったこと


フリーランスになってからの働き方で会社員と比較して変わったことは以下の通りです。

まず、フリーランスの働き方で良いと思う点に関して。

・化粧や服選びの煩わしさから解放された

・5分休憩が充実するようになった

・仕事の量と付き合う人を自分で調節できるようになった

詳細をみていきます。

・化粧や服選びの煩わしさから解放された
→これ女性ならすごく共感してもらえると思うのですが、お化粧したり、服を買ったりするのすごくめんどくさくないですか?

女性が起床してから社会に出られるようになるまで、結構時間を要しますよね。

ですが現在は、すっぴんメガネパジャマの3セットで働いてます・・・。これは正直でかい・・・!

女性こそリモートワークすべきだし、もっと求人が増えてほしいなと思う今日この頃です。

フリーランスのエンジニアは女性におすすめです【働き方自由】【経験談】

・5分休憩が充実するようになった

→会社の5分休憩って難しくないですか?自席でスマホいじってたり寝てたりするとなんかサボってるみたいな感じがしますよね。

タバコ吸わない人は特に行くところもないので、休憩が難しく結果生産性が落ちると思うんですよね。

その点在宅フリーランスだと5分休憩でちょっと横になることもできるので嬉しいですね!

・仕事の量と付き合う人を自分で調節できるようになった

今月どれぐらい仕事を受けてどれぐらい働くかを自分で調節できるというのはありがたいかなぁと思います。

会社で合わない人と同じプロジェクトに入ってしまったら、PMと交渉して部長と交渉して、という感じだし異動してもなんとなく気まずいですからね。

クライアントを選べるというのは大変ではあるのですが、良い点かなと思います。

フリーランスの働き方で大変だと思う点は以下の3つです。

・事務も営業も何から何まで自分でしなきゃ行けなくなった

・スーパーできる人にすぐ聞けない

・孤独である

・事務も営業も何から何まで自分でしなきゃ行けなくなった

→請求書の発行から営業まで、純粋な制作以外の作業を何から何まで自分でやらなければならないので大変ですよね。

・スーパーできる人にすぐ聞けない

→会社だと何かしらよくできる人というのが存在するのですが基本的にフリーランスはできる人にちょっと聞くということがしづらい環境にありますね。

・孤独である

→やはりフリーランスは孤独です。1ヶ月ぐらいクライアント以外と会話してないとかはザラですね。

孤独になりがちなフリーランスの対処法をまとめました

フリーランスとしてどんな働き方としてどんな選択肢があるの?

フリーランスとしてどんな働き方をしている人がいるのかを挙げました。ざっと思いつく限りでは以下の通りです。

・エンジニア

・Webデザイナー

・WEBマーケター

・アフィリエイター

・ライター

・ディレクション的なことをする人

・フリーランスのエンジニア

リモートで働いている人と常駐で働いている人がいますね。

私が今セブに住んでいるからだと思うのですが、リモートの人も少なくない印象です。

未経験からだとフロントエンジニアになる人が多いですね。

・フリーランスのWEBデザイナー

女性に多い印象ですね。純粋にデザインだけでなく、マークアップもやる人が多いかなと思います。

もともとWEB制作会社で働いてて独立したケースが多いかと思います。

・フリーランスのWebマーケター

アフィリエイターに近いかもしれませんが、WEBでの集客をお手伝いする人ですね。KPIを設定して決められた予算で運用という感じです。

個人的には結構需要あるのでは?と思っています。

・アフィリエイター

WEBメディアに広告を貼って、そこから購入があった場合に報酬をもらう方法ですね。

私は今セブに住んでいるのですが、アフィリエイターの人にめちゃくちゃ会うことが多いです。

そしてどの方の話を聞いてもめちゃくちゃ面白いし刺激をもらえます。

東京でSEとして働いてた時は、アフィリエイターって一切会ったことなかったのですがセブをはじめ東南アジアはめっちゃいますね。

もっと早い段階から出会いたかったな・・・2016年よりも前に。何故ならば昔ほど稼ぎやすかったという話をよく聞きますねやっぱり。

・ライター

ライティングをして稼ぐ人もいますね。ただ何かと掛け合わせてやっている人が多い印象です。WEB制作とライター、とかそういう感じ。

文章一本でやってます!という人はあまり見たことがないかもです。

・ディレクション的なことをする人

例えば洋服の仕入れ、デザイン、裁縫、販売など細かなところは全て外注で自分はディレクション的なことをやる!という感じで生活している人もいますね。

なんでもそうですが、ディレクション的な人は常に需要があると思います。

まとめ:フリーランスの働き方の今後は?


日本で今後フリーランス的な働き方が増えてもいいんじゃないかなぁとは個人的に思います。

会社だと昇給って難しい訳なので、そして昇給するには実績+人に気に入られることも必要だと社会人生活を送って感じました。

なので、成果報酬というかやった分だけお金を稼げるというのはやっぱり良いなぁと思いますね。資本主義らしい感じがします。

それにどう考えてもやっぱり満員電車は狂気ですよね。

特にIT企業は会社で誰とも会話せずに黙々と作業する日とかも少なからずあると思うので、

もう少しフレキシブルな働き方が日本でも許容されて行けばいいなと思います。


スポンサーリンク


スポンサーリンク