セブでシュノーケリングしまくったのでランキング形式でおすすめを発表するよ

スポンサーリンク




Maki
セブでシュノーケリングしたいけど、どこがおすすめかなぁ、せっかく行くんだったらいい感じの場所でシュノーケリングしたい

今回はこういった声にお答えします。

この記事を書いている私はセブ2年目ですが、色々とシュノーケリングに行き尽くしました。

なので今回はランキング形式で発表して行きたいと思います。セブと書きましたが市内よりも広域な範囲の広義なセブなのでご了承くださいませ。

マクタン周辺のビーチにはシュノーケリングできる場所が無い・・・

ランキングを発表する前に、少し残念なお知らせがあります。

セブの海は日本に比べると青く綺麗なのですが、リゾート地であるマクタン島のホテルに併設されているビーチではシュノーケリングを楽しむことは難しいかなと思います。

唯一シュノーケリングもできるレベルのビーチがあるのは、シャングリラズマクタンリゾートかなと思います。

セブにきてシュノーケリングを楽しみたいのであれば、アイランドホッピングなどで船をチャーターするなどした方が良いです。

スポンサーリンク

セブ周辺のシュノーケリングランキング

という訳で前置きはこれぐらい年、早速ランキングを発表していこうと思うのですが、実は先日こんなツイートをしました。

マキセブの独断と偏見によるセブのシュノーケリング場ランキングです。

1位:マンティグ島(ニモまみれ)
2位:ヒルトゥガン島(写真1枚目)
3位:オランゴ島(サンゴの保護区)
4位:スミロン島(3枚目オスロブ近く)
5位:パシフィックセブリゾートの桟橋の先(スズメダイの稚魚の大群)

なのでこちらのツイートにそって解説して行きたいと思います。

スポンサーリンク

シュノーケリングランキング1位:マンティグ島(ニモまみれ)


まず第一位はマンティグ島です!数々のシュノーケリング場の中でもかなりナイスな場所でした。

そんで、マンティグ島ってどこやねーん!という話になると思うのですが、実はセブから飛行機で1時間ほどの場所にあるカミギン島の近くに存在しています。

実はこのカミギン島、現地民をのぞいてアジア人(日本、韓国、中国)がほぼおらず、マクタン島と比べるとかなり閑静な島です。

本当に南の島でまったりゆっくりしたいという方にはうってつけの場所ですので、是非ともいってみてください。

詳細はカミギン島の観光が最高だったのでおすすめな場所をサクッとまとめるよという記事に記載しています。

シュノーケリングランキング2位:ヒルトゥガン島

ダイビングやシュノーケリングするならヒルトゥガン島と言われるほど、熱帯魚が多く、何時間いても飽きないほどの幻想的な光景が広がっていました。

ナルスアン島 ヒルトゥガン島の日本語ガイドつきツアーで申し込みができます。

シーズンの乾季(12月〜5月)に行くことをおすすめしています。また、時期や条件によってはクラゲが出ますので、できるだけ長袖の水着を着ておいた方がいいでしょう。

また綺麗な海をみる時に買っておくべきアイテムも紹介します。

それはやっぱりGoProですね。水中カメラの定番でして、綺麗な海の中でとった動画を、日本に帰ってふと疲れた時にみるだけでも「あぁ、美しい・・・」と癒されます。

Gopro6 Heroを購入したのでレビューするよ【フィリピン・セブ島でフル活用した】
でGoProをフル活用した様を紹介していますので、こちらも参考にしてください。

シュノーケリングランキング3位:オランゴ島


オランゴ島も定番のシュノーケリングスポットですね!多くの観光客が押し寄せる人気のスポットになっています。

目の前に広がるサンゴ礁と熱帯魚は圧巻でした。

オランゴ島までの往復とシュノーケリングをモーベンピックというホテルのすぐ横にある港から行ってみたことがありまして、

参加する人数と交渉次第では格安でシュノーケリングを楽しむことができます。(以下記事に書いた失敗を回避できれば・・・・!)

セブで自力でアイランドホッピング…してみる?【失敗談あり】

シュノーケリングランキング4位:スミロン島


スミロン島は、ジンベイザメで有名なオスロブの近くに位置する島です。

サンドバーがインスタ映えには絶好だし、シュノーケリングするにも、水が深くないので申し分ない場所かと思います。

おすすめのスケジュールとしては、午前中にジンベイザメそして午後にスミロン島という流れが一番です。

詳細はセブでジンベイザメを見た後はスミロン島に行こう!【行き方、ホテルデイユース、シュノーケリングについて】を参考にしてください。

セブと言えばオスロブでジンベイザメと一緒に泳げることが何と言っても魅力ですよね。

オスロブのジンベイザメツアーは最近入場規制かかったとのことでより注目度が上がっているかと思います。

オスロブのジンベイザメツアーに関しては、セブからジンベイザメに自力で会いに行く方法【オスロブの格安ツアーはつくれる】を参考にしていただければ格安で会いに行くことも可能です。

シュノーケリングランキング5位:パシフィックセブリゾートの桟橋の先


こちらは熱帯魚とは違って、スズメダイの稚魚がたくさんいるという変わった光景を見ることができたので第5位としました。

パシフィックセブリゾートに関しては、パシフィックセブリゾートってどうなの?【1000ペソ以下でデイユース】を参考にしてください。

まとめ

という訳で今回はセブのシュノーケリング場ランキングを発表させていただきました。

いってみたい場所は見つかりましたでしょうか?皆さんがシュノーケリングを楽しんでいただけると幸いです!


スポンサーリンク


スポンサーリンク