イギリスワーホリ(YMS)でビザセンター申請!持ち物や当日の流れ

スポンサーリンク




恐れ多くもイギリスワーホリ(YMS)ビザを取得させていただきました。当選からビザ取得までの流れをまとめていますが、今回はビザセンターでの申請についてです。

地方民なので東京新橋から歩いて15分ぐらいの洒落てるカプセルホテルに前泊して東京のビザセンターに行くことにしました。

ビザセンターに必要な持ち物や当日の流れを説明していきます。

イギリスビザセンターに必要な持ち物

 

イギリスビザセンターに必要な持ち物は結果から行くと以下の通りでした。

・チェックリスト
・ビザセンター予約票
・パスポート原本

以下の書類は一応用意しておいたのですが、結果的に不要でした。

・パスポートカラーコピー
・YMS当選メールを印刷したもの
・バーコードセパレータを印刷したもの
・申請書をダウンロードしたもの(10枚ぐらいの)
・残高証明書原本
・残高証明書コピー
・結核証明書(私の場合は取得が必要でした
・結核証明書コピー

残高証明書や結核証明書に関しては、イギリスビザセンター予約時に正しくアップロードできている人はビザセンターでは使いません。

ただ、万が一にもビザセンターで「書類のアップロードができてませんよ」と言われても大丈夫なように一応原本諸々を持って行っておくのが無難かなと思います。

スポンサーリンク

イギリスビザセンターでの流れ

↑いろんな方のブログでみたこの光景をなんとなく私も撮影しておきました笑。

ビザセンターの流れは以下の通りでした。

・入館して、予約票を提示する
・郵送サービスなどの利用をするかどうか記入する紙が渡される
・受付番号の紙が渡される
・呼びだされる
・提出書類などを確認する
・チェックリストにサインをして、日付を書く
・スキャンしてもらうのを待つ
・郵送代などを支払う
・指紋採取と写真撮影

かいつまんで補足していきます。

入館して、予約票を提示する

ビザセンター受付のメールにはセキュリティの絡みで15分まえには到着しておいてね!と書かれているのですが、私はさらにその10分前ぐらいに受付に行きました。

予約した時間よりもトータル30分ぐらい早くついたのですが、その時人が少なかったようで、前倒しで手続きを進めてもらえました。

提出書類などを確認する

書類も完璧に揃えたし、訂正書類もないし、予約時にスキャンした書類がアップロードできていることも確認したし、と思っていたのですが、ここで一つ問題が。

パスポートにホッチキス留めされていた紙について、受付の「この紙どうしますか?」と聞かれたのです。

その紙はフィリピンの観光ビザを延長する時にスタンプシール切れのためにホチキス留めされた書類でした。

イギリスビザ申請とは関係ないといえば関係ないですが、「審査官はこういうホチキス留めの資料はみません」と言われたので、パスポートからホチキスは外し、渡航履歴に関わる書類だしと思って念のためにスキャンしておくことにしました。

スキャンが必要かどうかの判断はビザセンターの方では判断しかねる、とのことで悩みに悩みましたが..。

ちなみにA4サイズ表一枚分なら無料でビザセンターでスキャン(アップロード)してもらえました。ホチキス留めの紙2つが一枚の紙に収まるようにコピーをとってもらったのでその分の60円はかかりました。

ホチキス留めの書類をどうするかで悩んで時間がかかりましたが、トータル45分ぐらいで完了しました。

どうでもいい余談

その後の写真撮影の時の話ですが、なんども「顎をあげてください」と言われました。

確かに写真撮影するときって、顎を無意識に引いちゃうものだしなぁ…

と思って実際に受け取ったビザの写真みたら見事に顎が上がっていてちょっと人を見下しているような写真になりましたw

私だけかと思いきや、何人か同じように言われた方がいるみたいでした。笑。

スポンサーリンク

イギリスビザセンターから書類が帰ってくるまで

ビザセンターで申請して書類が帰ってくるまでの日数は9日でした。

11日申請
18日届いたよメール
19日午後に不在届あり
20日に受け取り

みたいな感じです。

二週間、三週間で考えていたのですが、意外と早く届いてビビりました。嬉しい限りですね。あとは入国するのみとなりました。

さてさてはてはてどうなることやら。

イギリスビザセンターで申請する前後(余談)

イギリスビザセンターで申請する前後の余談です。

イギリスビザセンター近くのカフェ

イギリスビザセンターは新橋のイタリア街にあるのですが、早くつきすぎた場合は近くの「1/f Coffee Place」というカフェによりました。

まったりカプチーノとサンドをいただいて、気持ちを落ち着かせました。

久しぶりの東京

ここからはさらに個人的でどうでもいい話ですが、実は3年ぶりぐらいの東京でした。

相変わらずの人混み具合で、綺麗なお姉さんがたくさんいて、おしゃれなお店がたくさんあって、銀座にいくとやっぱりなんか頑張ろうという気持ちになりました。笑。

東京での色々な思い出が湧いてきたのですが、今回の東京訪問の目的はとにかく安全無事にビザセンターだったので、誰にも会わず、遊ばすに帰ってきました。われ、真面目すぎん?

やっぱり東京は楽しかった思い出が多く、フラフラ海外で働き続けたいとも思いつつ、また東京で働くのもいいな、と少しだけ思ったり。

ビザ不安すぎて願掛けしまくり

あまりにもイギリスビザが不安すぎて、実は2つの神社にお参りにいきました。もしこれからビザセンターに行く人は申請後にも寄ってみてください。

一つ目は東京大明神です。

噂には聞いていたけれど、東京にいたときは行けてなかったところです。

飯田橋のお伊勢さんにゆかりのあるところで、かつ縁結びに効果のある神社らしく、女性がたくさんいました。しかもみんなお願い時間が長いこと!笑。

私もしっかりお参りして、願い札も書いてきました。

普段はこういうことをしないけど、なんか不安だった気持ちが神社にくるとすーっと落ち着いて、やはり日本人の心の拠り所はこう言うところにあるのだなぁと帰りの飛行機では禅の本を読みました。

 

↑季節の彩をあしらった願い札、素敵すぎん?

飯田橋にきたのもすごく久しぶりでした。

二つ目は新橋のビザセンターからも近い烏森神社です。

Googleマップでの評価が結構高かったので寄りました。心願色みくじというものがあり、4つの色のおみくじが選べます。

赤(恋愛・良縁)、黄(金運・幸運・商売)、青(厄祓・仕事学業)、緑(健康家庭)。

引用:http://karasumorijinja.or.jp/%e5%bf%83%e9%a1%98%e8%89%b2%e3%81%bf%e3%81%8f%e3%81%98

だそうです。

ビザの祈願って、どれに当てはまるの?と思いましたが、旅行は緑のようだったので、緑を選びました。おみくじは吉でした。

ここでも願い札を書いておきました。(どんだけ神頼みw)ビザ取得ももちろんのことついでに良縁もお願いしておきました。笑。

最後に、東京のお土産どうしよう、東京バナナはもうありきたりすぎるしな、という方。ここだけの話、お土産は東京会館のプティ・ガトーがおすすめです。

最後に

というわけで今回はイギリスビザセンターで申請するときの持ち物と流れについてでした。

現在はお参りの効果あってか、無事ビザを取得できまして、渡英の準備を進めています。

これからビザ申請される方も無事に申請できますように!

それでは!


スポンサーリンク


スポンサーリンク