イギリスワーホリ(YMS)でビザセンターの予約をする方法【エラー多発やばい】

スポンサーリンク




なんの縁があってかイギリスワーホリビザに当選いたしまして、先月無事ビザを取得しました。

今回はイギリスワーホリ(YMS)ビザの鬼門とも言えるビザセンターでの予約について、記録を残しておこうと思います。

イギリスワーホリ(YMS)のビザセンターの予約サイトがかなり動きが不安定で冷や汗多発でしたが、無事予約完了したのでその詳細です。

イギリスワーホリ(YMS)でビザセンター予約の準備

イギリスビザセンターを予約する上で必要な準備は以下の通りです。

・残高証明スキャン
・GWFから始まる番号(再ログイン時に必要な場合あり)
・ビザ申請予約候補日
・Firefoxのインストール

・残高証明書スキャンについて

残高証明書をイギリスビザセンター予約時にスキャンするか、ビザセンター来館時に原本を持ち込みスキャンしてもらうかはオプションで選べます。

ちなみに結核証明書の提出が必要な人はその証明書もスキャンして、ビザセンター予約時にアップロードしておく必要があります。

参考:イギリスのワーホリ(YMS)ビザで結核証明書が必要な人とは?取得方法も解説

・GWFから始まる番号

GWFの番号はオンライン申請した時に付与される番号で、オンライン申請完了後に表示されるページの「download a copy of your application form」のところでダウンロードできる用紙のなかでも確認できます。

イギリスビザセンターの予約サイトはすぐにエラーになり、SNSでもその状態に苦戦している人が多くいました。

多くの場合、ログアウトして再ログインするときにGWFから始まる番号とメールを入力する場面もあるため、メモなどにコピペできる状態にしておきましょう。

・ビザ申請予約候補日

平日しか申請できないので基本的に予約の空き状況はスッカスカではあるのですが、候補日を3つぐらい出しておきましょう。

・Firefoxのインストール

Twitterなどで情報を集めているとOS(Windows or Mac)はあまり関係ないようなのですが、ブラウザによって動作の差異が結構出ているようでした。

特にChromeだと画像スキャン時でエラーになる時もあるようで、2019年11月時点で安定していたのはFirefoxでした。

今使っているMacでFirefoxをインストールするのは初めてでしたw検索してみると、Firefoxのブラウザのシェアって世界だと結構あるのね。

ビザセンター予約地方民の選択は?

イギリスビザセンターは午前中しか相手いないので地方民は前泊を余儀なくされます。

また、場所は東京・大阪と選べるのですが、大阪での申請だとプラスで一万円弱の追加料金がかかりますw

LCCなどの本数なども考えて、結局私は東京にしました。

ビサセンター訪問という大事な局面なので遊ぶことも考えず、コスパを優先して新橋ビサセンターから徒歩15分ぐらいのカプセルホテルに宿泊しました。めちゃくちゃ綺麗で、普通に泊まれる。と思ったのでぜひ利用してみてください。

ビザセンター予約はいつまでにしたらいいの?

ビザセンターの予約はいつまでできるの?ということですが、ワーホリネットさんでは1ヶ月〜二週間前が推奨されています。

おそらく一週間前〜数週間前でもいけそうな気がしますw

私の場合は、残高証明書に記載されている証明日から31日以内で、月曜かつ航空券の安い候補日をいくつか出していました。

スポンサーリンク

イギリスワーホリ(YMS)でビザセンターをいざ予約。エラー多すぎ

ここからはイギリスビザセンターを予約していた時に遭遇したエラーを挙げていきます。

・UKVIの緑のボタン押してからのVFSサイト表示が長い(4分程真っ白)
・Customer Detailのページから進めない
・予約スロットボタンをあれこれ押してると画面止まって進めない
・ChromeでやるとやっぱりエラーになるからFirefoxがおすすめ

詳細をみていきましょう。

UKVIの緑のボタン押してからのVFSサイト表示が長い(4分程真っ白)

イギリスビザセンター(VFS)のサイトはオンライン申請後に表示されている「Mandatory Actions」のセクションに記載されている緑色の「Provide Documents and Biometrics」のボタンを押して進みます。

で、このボタンを押してサイトが表示されるまでがめちゃくちゃ長いんです。4分ほど真っ白でした。

なんとなくみてた感じですが、

gov.ukのサイトが何かしらの個人識別(アドレスかGWF)の情報を民間企業のVFSのサイトへ渡し、接続を開始

VFSのサイトにてgov.ukのサイトから渡ってきた情報を保持しつつ、ページを開く

個人識別(アドレスかGWF)を元にgov.ukに通信して、登録された情報を引っ張ってくる

みたいなことをしていて、その過程で時間がかかっているみたいな感じでした。知らんけど。

それにしても4分は長すぎて、流石に予約できないのかと思ってしまいましたw

Customer Detailのページから進めない

イギリスビザセンターの予約ページはいくつかのセクションにわかれていて、最後に「SAVE AND CONTINUE」ボタンを押すのですが、

Customer Detailでそのボタンを押しても押しても反応がない事象が発生しました。

仕方なくこのときはログアウトして5分おいてから再ログインして無事次に進めました。

はじめはChromeを使っていたのですが、このログアウトしたタイミングであらかじめインストールしていたFirefoxに切り替えました。

予約スロットボタンをあれこれ押してると画面止まって進めない

いざ書類のアップロードも終わり、プレビューで確認もできたので、次に進んで予約の時間を選ぶ画面にきたのですが、

時間のスロットをぽちぽち押しまくっていたら再度エラーがおきました笑。

流石に多すぎだろと思ってちょっとここらへんで嫌気がさしてきましたが、この時も同じようにログアウトしてから5分以上おいて、再ログインして次に進めました。

最後、ビザセンターの予約が完了したら予約票がメールで送られてくるので忘れずに印刷しておきましょう。サイトからでも印刷できます。予約票がないとビザセンターに入れません。

スポンサーリンク

最後に

というわけで今回はイギリスビザセンターの予約方法についてでした。

流石にエラーが多すぎるので、これからは改善されることを期待したいですね。みなさんが平穏無事にビザセンターを予約できますように!

それでは!


スポンサーリンク


スポンサーリンク