イギリスYMSに当選してからの流れとやることまとめ【意外と大変】

スポンサーリンク




毎年1月と7月に抽選が行われるイギリスのYMS(≒イギリスワーホリ)に当選し、先日ビザを無事Getしました。

当選したらOKというわけではなくその後の手続きがめんどうだったので当選後の流れや、やることを個人的な反省を踏まえてまとめておきます。

イギリスYMSに当選してからの流れ

イギリスYMSに当選してからの大まかな流れはざっくりいうと以下の通りです。

・YMS当選メール受領
・オンライン申請と支払い
・ビザセンター予約
・ビザセンターで申請と指紋採取・写真撮影
・ビザ(Vignette)取得

詳細をみていきましょう。

スポンサーリンク

イギリスYMSに当選してからの流れ:YMS当選メール受領

イギリスYMSに当選すると当選した旨のE-mailが送られてきます。

そのメールにも記載されているのですが、約2ヶ月後の末日までにオンライン申請と申請料+保険金の支払い(クレジットカードのみ)をする必要があります。

私の場合は7月19日に当選メールがきて、9月30日までにオンライン申請と支払いをする必要がありました。

当選のE-mailは念のためPDFにして保存したり、メールも保存して、紙で印刷しておきましょう。

YMS当選メール受領後にやること

YMS当選メール受領後にやることは…

・本当に今このタイミングで行くべきかを真剣に考える
・家族など大切な人に連絡する
ワーホリネットさんの記事を5回以上見て渡英までのスケジュールを立てる
・貯金目標などを洗い出す
・YMS用ツイッターアカウントを作成する

ですかね。

・本当に今このタイミングで行くべきかを真剣に考える

私も本当にYMSに当選して迷いに迷いましたが、結局行くことにしました。人生は一度きりですし、2014年に書いたやりたいことリスト100に「ヨーロッパに住む」って書いていたので決断しました。

・家族など大切な人に連絡する

イギリスに行くということを家族など大切な人に連絡しましょう。

イギリスはもちろん物理的に距離が離れていますので心配されることもあるでしょうが、イギリスに行くという意思や当選することがレアであること、年齢制限があることなどが訴求の要素になると思います。

・渡英的までのスケジュールを立てる

詳細はワーホリネットさんを参照にしていただきたいですが、イギリスYMSビザは早くオンライン申請を行うことで早く渡英できて、逆に遅くオンライン申請をすることで入国を送らせることができます。

当選メールを受領してから渡英までのスケジュールを立てるようにしましょう。私の場合、ワーホリネットさんの記事を読んでスプレッドシートなどに7月から3月までのスケジュールをまとめました。

・貯金目標などを洗い出す

人によっては語学学校に行ったり、海外旅行保険に入ったり、ということがあるかもしれません。YMSに行く前にどれぐらいの貯金を作るかを考えましょう。

ワーホリに行くとなれば貯金がつくりやすいリゾートバイトをする人も多いですよね。

貯金するなら時給が業界No.1のリゾートバイト.comがおすすめです。光熱費・家賃無しで働けるので確実にお金がたまります。いい求人ほど早くなくなるので、まずは面談してみてどれぐらい稼げそうかを確認してみましょう。

・YMS用ツイッターアカウントを作成する

イギリスYMSに行く人自体がそんなに多くないだけあってか、ネットの情報もそんなに多くありません。

ただ、ツイッターにはYMS用のアカウントを作っている人が多いので、情報交換できます。

私もいろんな情報をツイッターからいただきました。おそらくツイッターなしでは申請はうまく行かなかったと思います。

スポンサーリンク

イギリスYMSに当選してからの流れ:オンライン申請と支払い

イギリスYMSに当選してからの最初の関門はオンライン申請と支払いです。

資金作りや仕事などの関係で渡英をギリギリまで遅らせたい人はオンライン申請を期日の数日前に行うことが多いです。

私の場合、7月当選で9月30日がオンライン申請締め切りだったのですが、その二、三日前ぐらいに提出しました。

オンライン申請の方法はワーホリネットさんで詳細に解説されているので、申請する二週間ぐらい前から毎朝1回ぐらい目を通してシミュレーションしておきましょうw

またオンライン申請時にはクレジットカードで申請費用の85,000円とNHS(イギリスの国民健康保険みたいなもの)を40,000円で、トータル12万円ぐらい支払いますw

支払い可能なカードを用意しておきましょう。

オンライン申請と支払いまでにやっておくこと

オンライン申請と支払いまでにやっておくことはたくさんあります。

・残高証明の方法を決める(どの銀行でどの方法か)
・過去10年間の渡航履歴をまとめておく
・最初の滞在先を決めておく
・父親母親の生年月日を調べておく(西暦で)
・過去2年間の住所を英語にしておく
・ワーホリネットさんの解説にそって、入力項目をコピペできるようにしておく

オンライン申請と支払いについては以下の記事で詳細を書きました。

イギリスYMSに当選してからの流れ:ビザセンター予約

オンライン申請が終わったら90日以内に英国ビザセンターに申請用紙を提出+写真撮影と指紋採取をしに行く必要があるのですが、そのためにビザセンターの予約をとる必要があります。

ちなみにビザセンターは大阪と東京にしかなく、午前中しか予約が取れないため、地方民は前泊するしかありません。笑。しかも大阪の場合追加で一万円弱を払う必要があります。

ビザセンターは予約が必要なのですが、gov.ukから委託されている民間企業のVFSさんのビザセンター予約サイトがとってもBuggy(バグが多い)でビザ申請者の心を折ってきます。ツイッターも多くの方がエラーに悩まされていました。

心底ヒヤヒヤします。

ビザセンター予約までにやっておくこと

・オンライン申請と支払いを期日までに終わらせておく
・書類の訂正がある場合は訂正の準備をしておく
・ワーホリネットさんのVFSの予約方法をよく読む
・予約時のブラウザはFirefoxが安定しているので事前インストール
・申請時に書いた銀行に証明書等の発行をお願いする
・コンビニのプリントサービスなどで証明書などスキャンするものをPDFまたはjpegにしておく
・地方民は前泊の準備をする

こちらも別記事にて詳細をまとめています。

イギリスYMSに当選してからの流れ:ビザセンターで申請と指紋採取・写真撮影

いざビザセンターに到着したら提出書類の確認と、郵送サービスの申し込みと、指紋採取、写真撮影をします。

手続き自体はなにも問題なければ1時間ぐらいで終了します。

ビザセンター予約までにやっておくこと

・ビザセンターの予約をとる
・ビザセンターに必要な書類を印刷しておく

これも詳細は別記事にしました。

イギリスYMSに当選してからの流れ:ビザ取得

ビザ申請後は郵送か、ビザセンターに取りに行くかを自分で選ぶことができます。私は地方民だったので郵送でお願いしました。

郵送でも直接取りに行く場合でも、ビザセンターから「ビザが帰ってきたで〜〜」メールが届きます。

私の場合、その翌日に郵便受けに不在届けがはいってました。

結果としてビザの申請日から9日で手元に戻ってますね!(結構早い!)

ビサ取得まではもはややることはないので、のんびりしましょう。

とはいえ、数時間に一回ぐらいは「ビザとれてなかったらどうしよう」と考えていましたし、

「ビザはビザでも私がとれないものな〜んだ」「英国ビザ!」みたいな謎の言葉が自分の頭を駆け巡って不安でした。

イギリスYMSに当選してからの流れ:ビザ取得後

ビザが無事戻ってきたら、vignetteの日付の確認と、添付されている書類の確認をしましょう。

この日付やBRPの受け取り場所が、審査官のミスで申請時のものと異なっている場合があるそうです汗。

ビザ取得後は、渡英の準備やオンライン英会話、CVなどの準備をして現地での就活に備えましょう。

オンライン英会話をやるなら面接練習もできちゃうNativeCampがおすすめです。

英語の面接をたくさん練習する方法はオンライン英会話にあり。【NativeCamp】

最後に

ということで今回はYMS当選後の流れを書きました。皆様の参考になれば幸いです。

それでは!


スポンサーリンク


スポンサーリンク