Rails tutorialでエラーになった箇所と解決策まとめ

スポンサーリンク




巷で噂のRails Tutorialがどんなものか気になったので一通りやってみました。

1~14章の全章、テスト込、Herokuデプロイ、Bitbucketなどなど、

飛ばさずにやってみた結果、様々なエラーが出ました。

今回のこの記事ではRailsTutorialでエラーが出たり詰まったりした箇所をまとめておきます。

※テキスト通りにやって何も問題なかった章は飛ばしています。

Rails tutorialの1章でエラーになった箇所と解決策

1章からです。環境構築。

そもそもAWS自体に初めて登録しました。このAWSを利用できるようにするまでが長かったです。

AWSの本人確認でエラーが出て電話認証できない時の対処法

それでようやくAWSが利用できるようになった!と思いきや、サーバを立ち上げた時に、AWSの画面からサイトをプレビューできませんでした。

これは別ウィンドウで表示させるしかない(赤枠の部分を押すしかない)みたいで、しょうもないことですが戸惑いました。

スポンサーリンク

Rails tutorialの3章でエラーになった箇所と解決策

テストをしていたらNomethodErrorというエラーがでました。

tmuxがインストールされていなかったみたいです。

3章の後半で入れる箇所があるのですが、もっと早めに導入する必要がありました。

参考にしたサイト:https://ty-engineer.com/ruby-on-rails/rails-tutorial-3-error-tmux/

スポンサーリンク

Rails tutorialの6章でエラーになった箇所と解決策

最後のコミット後、heroku runができませんでした。heroku -vを確認すると、Herokuのクライアントが入ってないようでした。

参考にしたサイト:https://www.lib-arc.com/entry/2018/04/15/234355

npm install -g heroku-cli

でHerokunoクライアントを導入すると今度はupdateしろとのこと。

updateすると、

と言われてしまいました。なので、

https://qiita.com/Panzo_webengineer/items/4af03a15d6cfeb6cd643
↑こちらのサイトを参考にしてUpdateできました。

Rails tutorialの7章でエラーになった箇所と解決策

最後の最後でrails sすると立ち上がらなくなって、以下のエラーが出ました。

bundlerをインストールして解決しました。

参考にしたサイト:https://qiita.com/yukiweaver/items/9f07b32f31c7e863fe1c

ただ本番環境でのエラーが出ました。

結果的にpuma.rbの記述方法を間違っていました。(チュートリアルに設定の内容を理解しなくていいと書いてあるからといってファイルの一番下に全部コピペするとエラーになります。ファイルのなかのコメントアウト部分を外していく作業が 必要です。)

参考にしたサイト:https://qiita.com/yokoyan/items/caf005acecb0e6aefbec

Rails tutorialの10章でエラーになった箇所と解決策

fakerをbundle Installしようとしたら以下のようなエラーになりました。

これはそのまま書いてある通り、bundle updateで回避しました。

Rails tutorialの11章でエラーになった箇所と解決策

rails db:migrateしようとしたらなぜかエラー発生。

inotifyのインスタンス上限を変更することで解決しました。

参考サイト:https://qiita.com/yn-misaki/items/c850a07f7858437e4d26

Rails tutorialの13章でエラーになった箇所と解決策

リスト 13.59でテストがRedになりました。

springを再起動する方法などが検索結果で出てきましたが、チュートリアルにあった通り、AWSを再接続したり、ターミナルを新しくしたりしているうちに解決しました。

また、本番環境への画像のUPをする際のAWSのS3設定がチュートリアルでは省かれていたので、

こちらのサイトが参考になりました。→https://qiita.com/ryuchan00/items/8e414562b7122e7ec4fb

Rails tutorialの14章でエラーになった箇所と解決策

細かいことなのですが、followボタンがチュートリアルの画像のように灰色にならないので、クラス追加しときました。

これは私だけ???

最後に

というわけでRails Tutorialの全14章で発生したエラーと解決策まとめでした。

どなたかの参考になれば幸いです。

Railsチュートリアルは終わったけど、WEBエンジニア転職に向けてこれから何すればいいの?と路頭に迷ってしまった方は転職後に全額キャッシュバックされるプログラミングスクール、ポテパンキャンプがおすすめです。

→無料で【ポテパンキャンプ】のカウンセリングを受ける


スポンサーリンク


スポンサーリンク