プログラミングがわからないときの傾向と対処の流れをまとめた

スポンサーリンク




プログラミングがわからない・・・・どうしたらいいんだ・・・・

今回はこのような声にお答えして、プログラミングを学習していてわからないことがあった時のあるあると対処法をまとめてみました。

詳細は言語にもよるかと思うので、概念的な書き方にしており、網羅的にチェックできるようにしています。

サーバサイト、フロントでも応用できるかなと思います。

プログラミングがわからない時・動かないときにチェックをすること

と言う訳でプログラミングでわからないことがあったときの対処法の流れを書きました

プログラミングで問題の切り分けをする

まずプログラミングでやりたいこと・実現したいことがあり、コードを追加していて動かなくなった時は

どこから問題が発生したかを切り分けるようにしましょう。

例えばある関数を追加していて、さっきまで動いてたのに動かなくなった。

みたいなことはよくあるかと思いますが、そんな時は

・一行ずつコメントアウトしてみる
・入れる値を別なものにしてどう言う結果が出るかをまとめる
・ログを仕込んで要所要所で値の受け渡しができているかをみる

などで、どこのコードでおかしなことになったかを突き止めて行きましょう。

プログラミングで凡ミスが無いかをチェックする

問題があるっぽい関数やかたまりを特定できたら、凡ミスが無いかを確認しましょう

・半角スペースが全角スペースになっている
・コロンや””の片方が抜けている
・}で閉じられていない
・文字列と数値が変換できてない
・英語のスペルミス

などが定番のミスですね。

自分の書いたコードだとバイアスがかかって間違ってないように見えてしまうものです・・・。

プログラミングのこの書き方でうまくいくはずなのに、あれ?って時は

おかしいと思う箇所をある程度絞り込むことができて、凡ミスも無いと言い切れる場合は、

凡ミスとか無いんだけど、このPC・・・おかしいんじゃ無いの?

って思うこともあるでしょう。でも、コンピュータは嘘をつかないのでまだ何かしらがまちがっているのです・・辛いですね。

ここまでくるとメソッドの使い方が違うとか、使うべきライブラリが違うとか、APIの使い方が違うとかになってくると思うので、

インターネットを活用しましょう。

・エラーが出ているならそのまま検索
・公式ドキュメントを検索
・日本語での検索
・英語で検索

の順番で良いかと思います。

・エラーが出ているならそのまま検索
言わずもがなですね。そのままコピペでOKです。同じように詰まっている人がいるかと思います。

公式ドキュメントを検索

まずはここですね、公式ドキュメントをみましょう。なんだかんだで公式が最強です。

英語であったとしても、Google翻訳を使えば読めるぐらいの英語で、そんなに難しい単語も無いと思うので大丈夫です。

・日本語での検索

公式ドキュメントを読んで解決しなければ日本語で検索してみましょう。

ブログ記事やYahoo知恵袋などいろんなところで質疑応答が行われています。

英語で検索

次に英語で検索してみましょう。検索結果の数が違うからです。日本語で書くのは日本人だけですが、

英語で書くのはイギリス人・アメリカ人・インド人・フィリピン人・オーストラリア人などなど実に多いです。

Stack Overflowだと英語でYahoo知恵袋のようにたくさんの技術的な質問が寄せられています。

プログラミングで使ってるもののバージョン違いを疑おう

プログラミングにバージョン違いはつきものですよね。

例えばフロント系だとBootstrapのバージョンだとか、ブラウザのバージョンだとか。

また複数人で開発している時にありがちですが、AのモジュールとBのモジュールを合わせて動かさなければならないときに、AとBのバージョンが違うとかですね。

片方は最新で片方は最新で無いとかで動かないはあるあるですね。これも確認しておきましょう。

スポンサーリンク

プログラミングでどうしてもわからないことがあったら

最後、色々調べまくってもやっぱりわからない!と言う時は最後の手としてMENTAに無料で会員登録してプログラミングメンターを探してみましょう。

人気のメンターはすぐ募集が終了してしまうので、早めの利用がおすすめです。

ただ質問をする時は以下のことに気をつけましょう。

・ネット上で過去に類似の質問が無いかをみておく
・やろうとしていることを明確に書く
・使用環境や言語、フレームワーク、プラグインなど前提として細かく書く
・自分が何を試して、その結果どうなったかを書く

MENTAは月額・単発など人によって様々なコースが存在していますが、単発で個別の質問をするならココナラで質問してみるのもおすすめです。

例えばphpのわからないところを500円で相談乗ります、などいろんなサービスがあるので会員登録だけでもしておくといざと言う時の選択肢になります。

あなたが8時間かけてわからなかったことを10分で解決してくれるなら、安いもんですよね。時間効率を考えてサクッと行きましょう。

スポンサーリンク

まとめ

と言う訳で今回はプログラミングがわからなくなった時の対処法やその流れなどについてご紹介いたしました。

まとめますと、

・まずは問題の切り分けを考えて、凡ミスが無いかなどを確認する
・それでも解決しなければ、エラー文言、公式ドキュメント、日本語検索、英語検索の順番で調べまくる
・それでもわからなければMENTAに無料で会員登録してメンターを探してみる。
・確実に質問への回答が欲しいならココナラでサクッと時短解決してしまう

と言うことでした!それでは!


スポンサーリンク


スポンサーリンク