50分のレッスンが可能な産経オンラインの英会話の特徴をまとめたよ

スポンサーリンク




オンライン英会話は通常25分のものが多いですね。

ただ、人によってはもっとみっちり勉強したい!もっと沢山英語を喋りたい!丁寧に教えてほしい!という人もいるかもしれません。

今日は50分のレッスン(正確には25分x2コマ)が可能な「産経オンライン英会話」を無料体験してみたので、その特徴や感想を述べていこうと思います。

50分のレッスンが可能な産経オンラインの英会話

オンライン英会話にハマってしまった私。今回は産経オンラインの英会話をやってみることにしたのですが、

冒頭でも述べた通り、産経オンライン英会話では珍しく25分のレッスンプランに加えて、

50分のレッスン(正確には25分を2コマ)プランがあります。

私がこれまで受けたオンライン英会話はレッスン時間が25分だけのところが多かったのですが、50分のクラスは珍しいですね!

確かに25分のレッスンって、内容によってはすごく短く感じてしまいますし、講師も私もアワアワしてよく分からなかった…笑。みたいなことがありがちです。

25分のレッスンだと、なんか勉強した気にならないな!という人はぜひ産経オンラインの英会話の無料体験をしてみてください。

スポンサーリンク

50分のレッスンが可能な産経オンラインの英会話の特徴

50分のレッスンが可能な産経オンラインの英会話を実際にやってみて感じた特徴を書いていきます。

・講師はフィリピン人のみでスカイプを利用
・毎日レッスンが受けられるので一レッスン193円
・教材がオンラインでダウンロードできる
・テキスト通りにしっかり進めてくれる
・悪いところも言ってくれる
・予約は前もって決めておくと良いかも

詳細をみていきましょう。

講師はフィリピン人

産経オンラインの講師はフィリピン人です。ネイティブ講師や日本語教師はいません。

が、産経オンラインの講師は「採用率1.2%の狭き門を突破した優秀な外国人講師」なのだそうです。

フィリピン人講師も色々と在籍しており、プロフィール紹介ページでは講師のこれまでの経歴や、プライベートの写真、対応の可否などが事細かに記載されています。

また、講師の自己紹介動画もあるので発音の良さを前もって確認することも可能です。(この点は特に他のオンラインレッスンと違って親切だなぁと思いました。)

毎日レッスンが受けられるので一レッスン193円

月額5,980円〜のプランがあり、毎日レッスンを受けることができます。毎日受けると一レッスンが193円になるので、めちゃくちゃお得ですね!

毎日50分のプランだと一コマあたり158円!かなり破格ではないでしょうか?とにかく量をこなしたい人にはもってこいですね!

教材がオンラインでダウンロードできる

産経オンライン英会話では教材がログイン後にダウンロードできるものが多いです。

一部TOEICなどのプランはテキストの購入が必要なようですが..

場所を選ばずに(ネットが早ければ)どこでもレッスンが受けられますね!

テキスト通りにしっかり進めてくれる

実はこれまでオンライン英会話無料体験をしていくなかで、レッスン予約時に体験用の教材を選択していても

最初自己紹介をした後に「この体験テキストはあなたにとって簡単かもね」という感じでレッスンの内容をしないでフリートークをすることが多かったのですが、

今回はテキストの内容をしっかりやってもらえました!笑。

なのでしっかりカリキュラムに沿って英語を勉強したいという人には産経オンライン英会話はアリだと思います。

細かいかもしれませんが、こういう「テキスト通りに進めてくれるか」という観点は、今後長期間レッスンをうける上で大事だと個人的には思っています。

悪いところも言ってくれる

産経オンライン英会話では初回レッスンにも関わらず、自分の英語スキルで良い点と悪い点をしっかり教えてくれました。

レッスン終了後に講師からのレッスンのレポートを受け取ることができ、今日話した内容で改善すべき点を書いてもらえます。

私の場合「L」の発音があまり良くなかったそうです。(とはいえレッスン受講者の大半が良くないとも言っていましたが)

ぶっちゃけ初回にも関わらず、自分の改善点を言ってもらえるとは思っていませんでした!(講師にもよるかもしれませんが…)

産経オンラインでは「お気に入り講師」を登録できるので、気に入った講師がいたら登録しておくことをおすすめします。

予約は前もって決めておくと良いかも

産経オンラインのレッスン予約ですが、即時性はあまりないかなと思いました。

具体的な例でいくと、16:40分ぐらいに17:00のレッスンを予約しようとすると「予約時間を超えています」と表示されてしまいました。17:30は可能でした。

なので、時間が空いたからちょっとオンライン英会話やろう〜〜という方にはあまり向いてないかもしれません。

講師の予約も結構埋まっていて人気のある人が多いようなので、レッスンをするときは早めに予定を決めておくと良いと思います。

スポンサーリンク

50分のレッスンが可能な産経オンラインの英会話がおすすめな人

50分のレッスンが可能な産経オンラインの英会話がおすすめな人の特徴を挙げます。

毎日決まった時間に英語を勉強する習慣をつけたい方

産経オンラインの英会話を受ける方は「空いてる時間にレッスンを受ける」というスタンスよりかは、

毎日決まった時間に英語を勉強する習慣をつけたい方におすすめです。

理由はレッスンの予約にあまり即時性がないからです。

予定に縛られたくない人や、空いた時間でさくっとレッスンしたい人はNativeCampがおすすめです。

価格重視かつ、勉強習慣の強制力をもたせたい人

とにかくオンライン英会話は価格重視だ!という人は産経オンライン英会話をおすすめします。

毎日50分のレッスンを受けることで、一レッスンの単価が158円になります。

逆に言えば、レッスンを毎日受けないと一レッスンの単価が上がって行くことになるので、「毎日レッスンを受けなきゃ」という強制力を働かせてくれます笑。

学校の勉強や受験英語にプラスアルファしたい人

産経オンラインの教材の特徴として、「学校教科書準拠カリキュラム」や、「大学入試外部検定試験対応カリキュラム」が存在しています。

前者は中学校の教科書の内容を「読む・書く」だけでなく「話せる」ようにするカリキュラムで、後者は大学入試で利用できる民間の資格の対策となるカリキュラムです。

このような日本の英語のテストに特化したカリキュラムも産経オンライン英会話独自のものだなと思いました。

最後に

というわけで今回は50分のレッスンが可能な産経オンラインの英会話をご紹介しました。

何はともあれ、まずは無料体験してみたい!という方はぜひやってみてください。

それでは!


スポンサーリンク


スポンサーリンク