セブの新しい動物園?サファリパークへの行き方や見どころを紹介するよ!

スポンサーリンク




2018年4月ごろにオープンしたセブの新しい動物園「セブ・サファリ・アンド・アドベンチャー・パーク」に行ってまいりました!

結果としてかなり楽しめましたので、セブ在住者の方や観光で5泊以上いる方でやることが無い人にはおすすめの場所だなぁと思います。

という訳で場所や見どころなどをご紹介していきます。

セブ・サファリ・アンド・アドベンチャー・パークの場所や営業時間

場所はセブを車で北上して1時間半ほどのところにあります。

ちょっと行きづらい場所にあるので、タクシーのドライバーと交渉するかレンタカーの方が良いかもしれませんね。

営業時間は、月曜と火曜を除く午前8時から午後17時までです。

訪問する時間としては、13時からバードショーが毎日行われているそうなのでそれよりも前に到着していると良いかと思います。

入場料は大人1人800ペソです。入場時に支払いで、マップが無料でもらえます。

スポンサーリンク

セブ・サファリ・アンド・アドベンチャー・パークの見どころ

正直全く期待してなかった私ですが、意外と楽しかったし施設もちゃんとしてました。

ゲートが自動改札だったり、お土産グッツのロゴも統一されてたりとかなりまともでした。

意外にすごいぞバードショー

毎日13時にバードショーが行われるので、みておくと楽しいかと思います。

割と広めの場所でいろんな鳥が出てきてわちゃわちゃします。ちょっとネタバレすると鳥がヒュンヒュン飛びます。

たまにショーとして進行がグダグダするときもあるのですが、それなりに楽しめます。

Maki
どうでも良いですが、鳥のしつけってすごく大変そうですよね、笑。

サファリゾーンで動物が近い!

私の一番のおすすめはサファリゾーンですね!ジプニーよりももっとオープンな車に乗ってサファリゾーンをまわると、シマウマなどのお出ましです。

そこそこ近くでシマウマや水牛?などを見ることができます。

おしりが立派なシマウマでした。

Maki
なんでこうシマシマなんだろう。すごい。生命の神秘を感じるぜ・・・

ワニに餌付けもできる

セブ・サファリ・アンド・アドベンチャー・パークではワニに餌付けもできました。

生にくを50ペソで買うことができまして、それをワニに餌付けできるのですが、誰もチャレンジしてませんでした。

せっかくだから(そして二度とこないかもしれないので)やっておけばよかったなと今でも少し後悔しています。笑。

とにかく色々と動物との距離が近い!

セブ・サファリ・アンド・アドベンチャー・パークはとにかく動物との距離が近いです。

普通の動物園ってなんかガラス越しで、どうも見世物感があるのですがやはりZooではなくサファリパークと名乗ってるだけあって動物との距離はかなり近かったですね。

というわけで距離の近かった動物を紹介していきます。

一家に一匹いてほしいミーアキャットちゃん

サファリパークの真ん中に位置しているレストランの一角にひっそりといるミーアキャットちゃんです。

か・・・かわいい。キョトン顔がたまりません。

めっちゃくちゃ可愛いじゃないですか。茶目っ気たっぷりです。

ミーアキャットはわらわらと群れるのが好きなようで、ミーアキャット団子になってました。

道端からぬっと出てくるカピバラ

お次はこちら。エリアで囲われた範囲の中でカピバラがうろうろしています。

非日常感がすごいですね。のんびりしてて可愛い。平和を感じます。

子供もいるので大きくならないうちに行っておくと良いかと思います。

女の子をぺろっとしてたラクダさん

ラクダとも結構距離が近かったですね。

柵が簡素な感じです。こちらのラクダさんの前に人がたくさん集まってまして、その中でもラクダさんは女の子の顔をぺろっとしてました。

そして女の子はすごく喜んでました。まるでピクサーの映画を見ているような光景でしたね。すごく空気の読めるラクダさんでした。

Maki
ちなみにアラサーの私はぺろっとしてもらえませんでした、残念。

ランソネスの木に群がるアルパカさん

カピバラさんの隣にはアルパカもいまして、木に群がってご飯を食べてました。

なんか平和ですね。動物って癒されます。

その木をなんとなく見ているとランソネスの実がなってました。

12月はランソネスとポメロが旬な気がしますね。

自撮りができちゃうカラフルな鳥さん

鳥のエリアではカラフルな鳥さんがうろうろしているので、自撮りには最適かと思います。顔を近づけても暴れないしじっとしているので一緒に写真をとってる人が結構いました。

インスタ映えスポットかもしれません。

スポンサーリンク

セブ・サファリ・アンド・アドベンチャー・パークから帰るときにおすすめの場所

という訳で動物園は3時間ぐらいあれば全て見終わってしまいます。

もしセブから帰る予定の方は、ダナオの漁港で売っているお魚を食べてみて欲しいです。

漁港が近いようで魚をあゆの塩焼きのようにして売ってました。

一匹20ペソぐらいで食べれましたね。めちゃくちゃ安いし、白身魚で身が締まっていて炭火焼の魚はやっぱり美味しいです。

場所はここら辺です。

という訳で今回はここまでです!それでは!


スポンサーリンク


スポンサーリンク