セブの美容室ってどんな感じ?【値段やクオリティについて】

スポンサーリンク




こんにちは、南国だと前髪が伸びるのが早いと感じているMaki@cebuです。こちらに来て何回か美容室に行ってみました。今回はセブで美容室に行こうと思っている方に対して、どのような美容室があるのか、どれぐらいかかるか、クオリティはどうかなどの観点からご紹介させていただきたいと思います。

セブの美容室事情

大きく分けるとセブの美容室は3種類あると思っています。外国人経営の美容室、モールなどにあるフランチャイズの美容室、ローカルの美容室という感じです。

外国人経営の美容室

外国人経営の美容室は、概ねモールの中または複合施設の中に存在しています。ヘアスタイルのオーダーは結構融通が利きますが、その場合は結構な値段します。韓国人、日本人、アメリカ人経営の美容室に出くわしたことがあります。場所によっては予約が必要です。

私の家の近所の外国人経営の美容室は、例えばカットに関しては女性で500ペソ、男性で400ペソでした。ただ、これはアメリカ人のスタイリストの場合とのことで、フィリピン人スタイリストだとカットが女性で400ペソ、男性で300ペソでした。

だたこれは人件費の問題なのか、技術の問題なのか少し疑問ですね…笑。

モールなどにあるフランチャイズの美容室

モールなどにあるフランチャイズの美容室は同じくモールの中または複合施設の中に存在しています。(Salon de Roseなど)あまり複雑なヘアスタイルのオーダーは出来ません。なんというか、全体を染める!髪を切る!パーマあてる!など決まったメニューを着実にこなしてくれる印象です。地元の方も多く、すいていればさっと入れますが、待ち時間は多少なりとも発生します。

実際に髪を茶色に染めたときは、3000ペソぐらいかかりました。(約6000円)ほぼ日本と同じですよね。へたすりゃ高いかも。私はぼられたのでしょうか。笑。感想としては、雑でした。髪の毛を引っ張られてちょいちょい痛いときがありました;;

複雑なヘアスタイルのオーダーをしてみると

実例して、私はグラデーションヘアカラー(毛先に向かうほど色が明るくなるヘアスタイルです)というものをやってみたいと思っていまして、色々と美容室に足を運んでこういう感じにしたいんだけど・・・と説明して回ったのですが、

外国人経営の美容室の反応・・・「できるよ!でも4000ペソ~6000ペソ(約8000円~12000円)かかるよ!
モールなどにあるフランチャイズの美容室の反応・・・「そんなのは無理だ。できないよ!」

という反応でした。全体的にセブは美容師のスキルは高くないのかも知れません。なので、髪をグリーンにしたい!強めのパーマあてたい!などの奇抜な髪型を試して見たい方は外国人経営の美容室に行ったほうが良いでしょう。

ただ、4000ペソ~6000ペソって日本とそんなに値段変わらないなーと思ったので、結局は日本に一時帰省したときに美容院に行きました。笑。

ローカルの美容室はどうなんだ

ローカルの美容室・・・は実は挑戦したことないのですが、セブの道中にはこじんまりとした美容室(というか理容室?)が沢山あります。おそらく髪を切るぐらいだったら100ペソもしないのではないでしょうか。笑。客層は男性が多いですね。一度行ってみたいものです(ネタとして)よくテレビでインドの理髪店にいって「一番はやりの髪型にしてよ!」と頼む企画をみますが、そういうノリですね。

スポンサーリンク

まとめ

とはいえセブの女性たちの間ではストレート+前髪なしがはやっているようです。長髪で暑くないのでしょうか。前髪がないのは、やはり暑さ対策で、長髪は日よけ…?などの無駄な妄想がひろがります。また美容室に行った際には随時更新していきます!それでは!


スポンサーリンク


スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください