ANGKASをフィリピンのマニラやセブで使うと移動が楽なのでおすすめです

スポンサーリンク




フィリピンのマニラやセブに来た時に「移動手段どうしよう」と思ってしまいますよね。

フィリピンのタクシーは初乗り45ペソで日本ほど高くはないのですが、ぼったくりとかも怖い、ジプニーは路線がわからない…という方はGrabのバイクタクシー版であるANGKASがおすすめです。

セブの交通機関については以前記事にしましたので参考にしてください。

参考:セブでの移動手段を8つ説明するよ!【交通事情を把握】【あなたはどの乗り物にする?】

今回はセブやマニラで安めにサクッと利用できるANGKASの利用方法についてご紹介していきたいと思います。

セブやマニラで使えるANGKASとは?

ANGKASはフィリピンのセブやマニラで使える便利なバイクタクシー配車アプリです。

東南アジアでGrabを使ったことがある人はなんとなくわかると思いますが、現在いる場所から近くにいるバイタクを探してマッチングしてくれます。

バイクタクシーは通常のタクシーに乗るよりも安価なので、大きな荷物がなく、サクッと街中を移動したい時には是非利用してみてください。

スポンサーリンク

セブやマニラで使えるANGKASのメリットは?

ANGKASのメリットは以下の通りです。

・ちょっと移動したい時に最適
・車と車の間をすり抜けてくれるため、車よりも早く目的地に着きやすい
・Grabよりも安いし、ぼったくられない
・楽しい

詳細をみていきましょう。

ちょっと移動したい時に最適

マニラやセブは一年中30度近くありますので、歩いているだけで汗が止まらなくなります。

ちょっと歩くにしても10分〜20分が限界です。(※個人的な意見です。)

歩くのがめんどくさい…という時にはANGKASを利用してしまった方が良いと思います。

日本にも導入してほしいですね。帰国時についついバイタクを探してしまう私です。

車と車の間をすり抜けてくれるため、車よりも早く目的地に着きやすい

マニラやセブは渋滞がひどい場所も多く存在します。

通常のタクシーに乗っていると、多くの渋滞に捕まる可能性がありますが、

ANGKASだと車と車の間をサーっと通り抜けてくれるので、目的地に比較的早くたどり着けます。

Grabよりも安いし、ぼったくられない

ANGKASはタクシーよりも断然安いです。

今回利用した距離をANGKASとGrabタクシーで値段比較してみたところ、ANGKASが59ペソ、Grabが90ペソでした。

一人で旅行するならANGKASを利用した方が交通費を抑えられそうですね!

また、ANGKASではないバイタクは運賃が運転手の言い値であることが多いのですが、

ANGKASは距離に応じてあらかじめ値段が決められているので、ぼられる必要がありません。

ただ、500ペソ札や1000ペソ札を出すと「お釣りがない」と言われがちなのであらかじめお金は崩しておきましょう。

楽しい

月並みな感想ですが、バイタクに乗っていると風を感じつつ、街をうろうろできるので楽しいですw

日本では滅多にバイクに乗らない人でも、ある意味アトラクションのようにバイタクを楽しむことができると思います。

スポンサーリンク

セブやマニラで使えるANGKASのデメリットは?

ANGKASのデメリットをあげてみます。

・大きな荷物は運べない
・現地の電話番号が必要
・たまに英語が通じない時がある
・ヘルメットがウェッティ
・排気ガスをもろに食らう

詳細をみていきましょう。

大きな荷物は運べない

バイタクなのでスーツケースを運ぶのは厳しいですね。

両手にお買い物袋を抱える、ぐらいが限度だと思います。

空港からバイタクでホテルに行く!みたいなことはできないと思うので、空港からの移動は電車やバス、Grabで頑張りましょう。

現地の電話番号が必要

ANGKASを利用するにはフィリピンでの電話番号が必要です。

SIMフリーのスマホにSmartかGlobeのプリペイドカードを入れて、現地の電話番号を取得しましょう。

残念ながらSIMフリーのスマホがない場合は利用できません。

参考:セブでSIMカード購入!チャージ方法やプランについて解説!

たまに英語が通じない時がある

自分の近くにいるバイクが見つかって、運転手が近づいてきたときに、SMSでメッセージがくる場合があります。

人にもよりますが、現地語を利用している方が多いですね。

なんて言っているかわからない場合は「English Please」と返信すると英語でメッセージを送ってくれます。

ヘルメットがウェッティ

ANGKASを利用するときはヘルメットの着用が必要です…がこのヘルメットが9割ぐらいウェッティです笑。

気になる方は気になるかもしれません。

排気ガスをもろに食らう

これも気になる人だけだとは思いますが、バイタクに乗っていると排気ガスをもろに喰らいます。

※最近のANGKASの運転手は乗車時に「マスクいる?」と聞いてくれるようになりましたが、多くの人がつけたマスクをなんとなくつけたくないので私は断っています。笑

注意

バイタクに乗るときはマフラー(排気口)側から乗らないようにしましょう。マフラー側から乗ってやけどすると、結構ショックです。(経験済み)

ANGKASの利用方法

ANGKASの利用方法を紹介します。

Grabを使ったことがある方なら直感的にわかるかと思います。

※アプリダウンロードから登録までは省略します。

ざっくりとした流れは以下の通りです。

・乗車地を設定
・目的地を設定
・バイクを見つける
・バイクが見つかったら、運転手とやりとりしつつ合流
・ヘルメットを装着して移動する
・移動後にお金を払う
・(任意で)評価する

詳細を見ていきましょう。

・アプリを起動すると現在地が青い丸で表示されるので、ピックアップしてもらう場所を設定します。
3minと書かれているのは最短でPickUpしてもらうまでの時間です。

・目的地を入力するか、または地図から選びます。目的地を設定すると料金が表示されます。

・「BookNow」を押して、バイクを探し出します。

・バイクが見つかったら、何分で現在地に来てくれるかがわかります。バイクの機種も書いてあるので探すときに便利です。

・ANGKASのバイカーはヘルメットやユニフォームを着ていることが多いのですぐわかります。

・目的地についたらお金を払います。使用後にドライバーの評価も可能です。

最後に

というわけで今回はフィリピンで移動が楽にできるANGKASの特徴やメリット・デメリット、利用方法などをご紹介しました。

AKGKASを乗りこなして快適なフィリピン観光を楽しんでくださいね!

それでは!


スポンサーリンク


スポンサーリンク